「吉相墓」は、石塔に戒名を刻入し霊を祀る「供養の墓」

 

供養すると言うお墓の第一義を忘れず祭祀して行くことが本筋です  

 大切なことは、人が死んで残るのは骨ではなくて法名・戒名であること、霊魂不滅と言って仏の霊はいつまでも残るということです。
 「吉相墓」は、こうした考え方を重んじて、骨を早く自然の土に還るようにし、石塔に戒名を刻入して、‟ご先祖様の霊”を祀ります。
 「吉相墓」は、家系の永続への報恩感謝と、子孫繁栄の守護を願って、「○○家先祖各霊菩提」として供養塔に、ご先祖様をお迎えします。そして、供養塔と夫婦墓に戒名を刻入した、手厚く祀る「供養の墓」を建立し、正しく祭ります。

「吉相墓」は、凶を避けて吉に付く「吉相の墓」

 先祖供養の第一は親孝行です。両親が健在であれば、その両親に苦労をかけないことが、先祖崇拝の骨子です。 そして、親の亡き後には、夫婦墓を建立して供養するのが孝の極致です。
 「吉相墓」は、ご先祖様を供養するという、お墓の第一義が大切です。
 「根の如く枝葉なる」お墓の影響を第一に受けるのは、祀られているご先祖様です。先祖と言う家の根を良くするため「吉相墓」を建立します。
 「吉相墓」は、ご先祖様を第一に考えて、それから次に自分たち子孫のことです。
 「根を養い枝葉が繁る」報恩感謝し冥福に吉相を施し祭祀して、ご先祖様に厚くして根を養ってこそ、枝葉の子孫が繁栄します。

石塔に戒名を刻入し霊を祀る「供養の墓」は、冥福(死後の幸福)のための吉相の菩提。
 お墓を吉方位に向けて、良い方角に向き陽の日を受ける。また、大地の上に石塔を建て地の気を得る。ご先祖様が天地自然の良い気を取り入れるのです。
 石塔に戒名を刻入して、手厚く祀り、霊が宿り‟お墓は先祖”です。先祖の御身である石塔は、割れなどがなく傾かず直立して、完全である必要があります。
 子孫達が正しく祭って行くことが大切です。報恩感謝に供養を勤めます。敬い作法を正して感謝の心を身に表します。お墓は祭るに厚きが吉相です。

吉相墓は、活力漲る清浄な土

手厚く祀る吉相

吉相の菩提

 「吉相墓」は、冥福(死後の幸福)のための吉相の菩提です。ご先祖様を供養するという、お墓の第一義が大切です。
 「根の如く枝葉なる」。お墓をご先祖様として家の根を養います。
 吉相の地に墓所を定めることは、亡き者の安住の地であり、枠石で囲い、囲い守られた、ご先祖様の浄土を現す聖域です。    

供養することが第一義

 「吉相墓」は、ご先祖様を供養することが第一義なのを忘れず祭祀して行きます。
 お墓では、ご先祖様を第一にするべきであり、‟お陰様です”と、報恩感謝します。
 ご先祖様へ報恩感謝に、吉相を施し手厚く祀り正しく祭る、吉相の菩提です。  

左上右下の祀り

 「吉相墓」は、左上右下の古来の祀りです。一番上座の左奥(向かって右奥)に先祖供養塔を建立します。その右隣りに、正面の左に夫、右に妻を夫婦墓で祀り。右の下座に向かって代々石塔を建立します。
 先祖の祀りは上下・長幼の順が正しいのが吉です。そして、日本古来の左上右下の礼法は、日本での祭祀(神・仏・先祖)に欠かされない重要なしきたりです。

石塔の吉相

遺骨を大地に還す

 「吉相墓」は、遺骨式土葬で石塔の本や墳墓に埋葬し大地に還します。
 亡骸を母なる大地の子宮に還帰させて、死者が浄土に生まれることや輪廻転生、また、家庭に子孫が生まれることなど「再生を願う形」であると言えましょう。

戒名を刻入し霊を祀る

 「吉相墓」は、必ず戒名を刻入した上に、黒色や濃紺で戒名の文字をハッキリとさせます。
 戒名の文字が黒々としているのが、供養している形です。
 文字がカスレて来ているのは、供養が枯れて来ている形。

石に霊が宿る

 「吉相墓」は、遺骨を大地に還し、霊と遺骨とを別けます。石塔に戒名を刻入して、手厚く祀り、霊が宿り‟お墓は先祖”です。祀られた墓は霊が宿った、ご先祖様であり、父母であり、人なのです。

吉相墓は、石塔に戒名を刻入して祭祀

幽界の吉相

幽界の名で祀る

 「吉相墓」は、その家の宗教宗派の霊名で祀ります。各宗教宗派で霊名に付いての決まりがあります。
 また、霊名に付いての吉凶があるので、それを整える場合もあります。

各宗教宗派に合った祀り

 「吉相墓」は、その家庭の宗教宗派に合った祀りを指導しています。各家庭によって先祖の祭祀はちがってきます。祀られるべき先祖によって、建てる石塔の基数、五輪塔への刻入。宗教宗派に合った祀り。

敬神崇祖

 「吉相墓」は、家の守護神となったご先祖様からの守護を頂きます。
 ‟みたまのふゆ(恩頼)”とは、ミタマは御霊、フユは振るであり神様・ご先祖様の御力やお恵みです。
 現世と常世は相即不離(そうそくふり)の関係にあり、現世での幸福は、常世からの‟みたまのふゆ”により与えられると考えます。

墓域の吉相

五輪塔の先祖供養塔

 「吉相墓」は、先祖の供養塔として五輪塔を建立します。供養が終わった古いご先祖様を「先祖各霊菩提」とし、集合体の神として祀っている形ともいえます。「五輪塔」で、天地の徳とご先祖様を祭祀して、天地の徳がご先祖様と私たち子孫が受けられ、宗教・宗旨宗派にとらわれずお祀りできます。

お墓を崇敬する

 「吉相墓」は、先祖という根を養い、枝葉の子孫繁栄を願います。先祖と父母のお陰様で今の私達があり、先祖と父母を敬う心が肝要です。
 祖先祭祀ですから、お墓をご先祖様として崇敬の念をもって、聖域として大切にお守りすることが大切です。

先祖の冥福と子孫の幸福

 「吉相墓」は、‟霊を祀る「供養の墓」”であり、ご先祖様が順序良く祀られ、直系の子孫も亡き後には順序良くお墓に納まる、‟家の根となる「家庭の墓」”です。
 家族愛をもって次世代を生み育てることは、家庭の重要な機能であり、婚姻し子を生み養育する連続が家系です。

吉相墓は、墓所を広く取り石塔を小さく建立する

石塔に戒名を刻入し霊を祀る「供養の墓」

手厚く祀る吉相

幽界の吉相

㉘吉相の菩提
㉙供養することが第一義
㉚左上右下の祀り
㉛遺骨を大地に還す
㉜戒名を刻入し霊を祀る
㉝石に霊が宿る
㉞幽界の名で祀る
㉟各宗教宗派に合った祀り
㊱敬神崇祖
㊲五輪塔の先祖供養塔
㊳お墓を崇敬する
㊴先祖の冥福と子孫の幸福
「吉相墓」は、その他にも吉相なる事が込められて、設計・建立されています。

徳風会吉相墓(竹谷式吉相墓)